ポロヴェーがる理論を応用した癒しヨガとマインドフルネス
ヨガ · 13日 12月 2021
「困難な状況に直面したとき、だれもが自分はひとりだけで苦しんでいるのではないと気づくことができます。同じ状況の中で、相手もまた苦しんでいるのです。そして、あなたも、相手の苦しみに対していくぶんかの責任があります。それに気づけば、その人を慈悲の目で見ることができるようになり、理解が開花するでしょう。理解があれば状況は変化し、コミュニケーションが可能になります。」 ティク・ナット・ハン著 怖れー心の嵐を乗り越える深い智慧(「まわりの世界に対する怖れを変容させる」より」 昨日のシバヨガチャンネルライブレッスンでは、 「ポリヴェーガル理論を応用した癒しヨガ」 というテーマで、 来年2月開講予定の、シバヨガスタジオでのRYS200 の講座で使用する解剖生理学のテキストのポリヴェーガル理論のページから、一部抜粋してお話しした後、 「腹側迷走神経」や「社会神経系」と呼ばれる

おうし座の満月と月食とバガヴアッド・ギーター
ヨガ · 19日 11月 2021
“Yoga is the journey of the self, through the self, to the self.” The Bhagavad Gita (ヨガは自己を通じて自己へと向かう、 自己の旅である / バガヴァッド・ギーター) 今朝の東京はよく晴れて、 冬の空気が澄んでいて心地良い朝でした。 皆さんはどのような時間をお過ごしでしたか? 今朝はいつものように、 朝の浄化(歯を磨き、白湯を飲んで、排泄を済ませ、シャワーを浴びます)を行ったら、 太陽の光を感じながら 胸の内で(口に出して唱える日もあるけど今日は胸の中で)ガヤトリーヤマントラを唱えました。 太陽がこの世界の全てを照らし、 自分の内側も照らしていて 光が満ち満ちて、やがて かつては自分自身も 光そのものであったことを思い出す そんな意味を持つマントラです。 よく晴れた日にお外へ出たら、 ほんの少しの間で良いので、目を閉じて 太陽の光を感じてみてください(^-^) ところで、 明日11月19日は満月です。 今回のおうし座でおこる満月は、 月食も伴うようで、

「疲れがとれない」というテーマで「ていねい通販」様のコラムを監修させていただきました
マインドフルネス · 07日 11月 2021
外界のすべてが あなたの思考(想念)や 心理的態度に基づいている。 世界はすべて、あなた自身の投影物だ。 インテグラル・ヨーガ  パタンジャリのヨーガ・スートラ より シバヨガチャンネルYou Tubeライブレッスン 日曜日昼下りヨガ 今月より13:30〜スタートと変更になりました。今日は「疲労回復」をテーマに、 ポーズをすすめました。 https://youtu.be/dGoitJ5sP1c 対面のクラスでもよく行うシークエンスで、私自身のセルフプラクティスとしても、メンテナンスによく行っている、おすすめの、ポーズの流れです🍀 そして、 「ていねい通販」 というサイト様のコラムの原稿を担当させて頂きまして、そちらのコラムも少しご紹介させていただきました。 https://www.teinei.co.jp/teinei-tsushin/detail/332 疲れって、なかなかとれないものだったりしませんか? 大きく分けて、 体の疲れと、頭の疲れと、心の疲れの3つに分けることができます。でもどれもすべて、関係しあっているところがあり、 やはり、日々変化する自身の体や心の状

グリーンヨガフェスタ町田2021
ヨガ · 31日 10月 2021
グリーンヨガフェスタ町田 @町田市野津田公園 晴天に恵まれて 無事開催できました🍀 一枚目の写真は シバヨガスタジオの nalu先生、meiko先生と一緒に📸 いつも直接顔を合わせる機会が少ないスタジオの皆さんともお会いすることができて、何よりでした。 早朝から夕方まで 設営や受付、お客様の対応など、 それぞれに活動されていた 実行委員の皆さん、 出店されていたマルシェの皆さん、 そして、講師の先生方、 本当にお疲れ様でした✨ 会場に足を運んでくださった皆さん、ありがとうございました♥

「私だって若く見られたい」あるがまま、マインドフルネスの話とバシシュタアーサナ(シバヨガチャンネルライブ配信より)
マインドフルネス · 28日 10月 2021
「怖れをやわらげ真の幸せを味わう唯一の方法は、心に怖れがあることを認め、 その根源を深く見つめることです。 怖れから逃避しようとするのではなく、 気づきの中にそれを招き入れ、 はっきりと見抜くのです。」 ティク・ナット・ハン著/怖れー心の嵐を乗り越える深い智慧(「はじめに」より) https://www.youtube.com/watch?v=t_0HJcdQ32U 先々週10月17日の配信分になりますが、 シバヨガチャンネル 日曜日 昼下がりヨガ バシシュタアーサナの軽減法から、フル・バシシュタアーサナまでに移行する、ポーズの流れを行いました。 4つん這いの姿勢から入る方法(2,3枚目)で練習しておくと、床をしっかり押すことで、 体が空に向かって浮き上がる感覚を体で覚えるのに、役立つかなと思います。 始まりでのヨガのお話では、 マインドフルネスのお話 怖れや不安、怒りなどのネガティブな感情から自由であるために、 「あるがまま」に気づく 「気づき」の力についてお話しました。 毎週日曜やっておりますので、 ご都合よろしければぜひライブで。 都合の合わないときもアーカイ

キヌさんの名言と、宇宙の始まりとヨガの話
ヨガ · 28日 10月 2021
「自分の義務が完全にできなくても 他人の義務を完全に行うより善い 天性によって定められた仕事をしていれば 人は罪を犯さないでいられる ー中略ー 何ものにも執着しない理性をもち 自己を抑制し 何事も切望しない人は その離欲の修行を通して 全ての仕事から離脱して完成の境地に到る」 神の詩バガヴァッド・ギーター 第18章「離欲の完成」より https://www.youtube.com/watch?v=-85dXg-62xo 10月24日日曜日のシバヨガチャンネル、ライブレッスンでは 看護師として老人ホームに勤務していた時の、女性のご入居者の方の人生の名言と、バガヴァット・ギーター、そして、宇宙の話をしました。 約138億年前のビッグバンから宇宙が始まったと言われ、 宇宙が生まれて、 人類が存在する今に至ります。 宇宙が始まった時、荷電粒子によって光は阻まれていましたが、ビッグバンが起こってから約40万年後に、宇宙が低温になって、陽子と電子が結びつき、中性の水素原子ができました。この現象によって、荷電粒子によって阻まれていた光が、宇宙空間をまっすぐ進めるよう

「パドマムードラ」と「ブラフマビハーラ」
ヨガ · 16日 10月 2021
”苦しみの効用は現実的なものです。 「泥から蓮の花が生まれるように、 幸福は苦しみから生まれる。 苦しみ方さえわかっているなら、 苦しみはあってよい」、 そうしたあり方に切り換えた瞬間から、 私たちはもうあまり苦しまなくなります。 苦悩から抜け出し、幸福の蓮の花が開き始めます。” ティク・ナット・ハン著/和解-インナーチャイルドを癒す-(第1部 「癒しについての教え」より) シバヨガチャンネル 日曜日14:30~ 前回10月10日のライブレッスンでは、 マインドフルネス瞑想と、 蓮の花の瞑想をご紹介しました。 https://youtu.be/GYcj4-bEBA4 蓮の花の瞑想では、 パドマムードラ=蓮の花のムードラを用います。 蓮の花は、泥から咲いているにもかかわらず、花びらが全く汚れていない様子からも、 神聖な花として知られ、神様そのものを表します。 パドマムードラによって、 ブラフマビハーラ(メッタ-=慈悲、優しさ、カルナ=思いやり、ムディター=喜び、ウペッカー=平等)が起こる、と言われています。 ブラフマは「神」 ビハーラは「安住」を表す言葉です。

「良い一日を」シリーズその③
ヨガ · 26日 9月 2021
(「良い1日を」シリーズその③) 「外界のすべてが、あなたの思考(想念)と心理的態度に基づいている。 世界はすべて、あなた自身の投影物だ。 人は心なり。 束縛あるいは解脱は汝自身の心中にあり」 スワミ・サッチダーナンダ著 /インテグラル・ヨーガ   パタンジャリのヨーガ・スートラ より 自分が自由なのか、あるいは 何かに縛られ不自由な状態なのか、 実は自分自身の心が決めていること。 夜空を見上げて、星がきれいと感じるのか、 真っ暗で何も見えないと思うのか、 心がどうあるかで 物事の見え方は変わります。 迷いや不安を感じた時こそ、

「良い一日を」シリーズその②
ヨガ · 25日 9月 2021
(「良い1日を」シリーズその②) 心の修業は― 足ることを知って常に心おだやかに 正直 率直 沈着であり 自己抑制をして身心の浄化につとめること 体 言 心の3種の修行を 清らかな信仰を持つ人々が 報果(むくい)を求めずに行うときに これをサットワの修行と言う 神の詩 バガヴァッド・ギータ― 田中嫺玉訳 第17章 3種の信仰 より ヨガの教え、 八支則のニヤマ(勧戒)にある 足るを知ると書くサントーシャ(知足)の実践は、 日々の中で、満足する心を大切にするというものになります。 今在る 全ての存在への感謝の気持ちと、 如何なる時も、満ち足りているということに気づくこと。 貪りや執着を手放す実践は、 ヤマ(禁戒)の 5つの内の1つ、 アパリグラハ=不貪と書きます。 貪る、ということは、求めすぎる状態を表します。 人や物事の結果に対する執着、 自己中心的な考えにとらわれてはいないかどうか、

「良い一日を」シリーズその①
ヨガ · 24日 9月 2021
(「良い1日を」シリーズ その①) 「何気ない日々の一瞬一瞬は 天と地、陽の光とせせらぎを含んだダイヤモンド ただ優しく呼吸するだけで 奇跡は立ち現れる 鳥がさえずり、花は咲き誇る 見上げれば青い空 流れゆく白い雲 きみの愛らしい面差し、美しい笑顔 すべてが一つの宝石に含まれている」 ティク・ナット・ハン著/和解-インナーチャイルドを癒す (「よるべなき子へ」より) 八支則のニヤマにある 足るを知ると書くサントーシャ(知足)の実践は、 日々の中で、 満足する心を大切にするというものになります。 今在る全てに感謝の気持ちと、 満ち足りていることに気づくこと。 よく晴れた日は 太陽の光に、 青空に、 鳥のさえずりに、 雨の日は その雨音や土の匂いに、

さらに表示する